フランチャイズの募集にする価値あり|誰にでもチャンスがある

男の人

新たなビジネス

スーツの人

知っておくと良いこと

グローバル社会において、注目されていた国は中国でした。しかし、今から中国に進出となると、中国バブルがいつまで続くか不透明な点に加え、人件費の上昇などでコストもかかるため、検討しなければならないことが多くあります。そんな中で今後、発展が見込める国の一つにインドネシアがあります。インドネシアは、人口2.4億人の大きな国であり、若年層の人口が多く、GDPも年々高くなっています。また、同じASEANのシンガポールに比べてまだまだ経済発展の途中であるため、ビジネスチャンスはおおいにあるでしょう。そんなインドネシアでビジネスを行う上で大切なことは、どこのコンサルティング会社と組むかです。インドネシアで様々な事業支援を行なっているコンサルティング会社は多くあります。そんな中で信頼できるコンサルティング会社に出会うことが大切です。コンサルティング会社は、ただ会社を設立する手伝いだけをするのではありません。経営基盤や法務、人事など全てのサポートを行うものです。また、マーケティングをしっかりと行なってくれるところを探すことが重要です。マーケティングがしっかりできていないと、売れるはずの商品やサービスも売れなくなってしまいます。インドネシアで会社を設立するにあたり大切なことは、現地法人化するのか駐在にするかです。駐在の場合、直接取引ができないなどの規制があります。また、法人化する場合は、資本金が25億ルピア以上が必要となります。インドネシアの法律に基づき対応することが大切です。