フランチャイズの募集にする価値あり|誰にでもチャンスがある

男の人

より良い起業のアプローチ

オフィス

海外事情を知るのが近道

会社設立がしやすい国として経済誌でも度々話題にされているのが、香港です。日本から数時間で渡航出来る距離や税金の安さなどは、会社設立を考える方にとって見逃せないメリットと認識されています。香港では、通常の設立方法とは少し異なるやり方で会社を持つことが出来ます。香港では、既に設立されている会社を購入して会社が始められます。このような方法で会社設立を進めた場合、1週間前後で現地での業務を開始することが可能です。会社設立の相談サービスでも、起業を希望する方にこういった選択肢を紹介しているため、実際にこの方法で会社設立をしている方も多く見られます。一から会社設立をするのに比べて、煩雑な手続きが少なく済むのが最大の利点です。通常の流れに従って、香港で会社設立をする場合は、業務が始められるまで約1か月程度の時間をみる必要があります。スケジュールに十分な余裕がある方は、オーソドックスな方法で会社設立を進めても特に問題はないと考えられます。相談サービスでは、顧客の要望に合わせて、ベストな会社設立の方法を提案します。会社設立においては、取引で使用する口座を開くことも準備の一つに含まれます。口座を開く際にも、別途必要書類などが発生するため、初めて海外の銀行を利用する方は戸惑うことが増えます。相談サービスでは、口座の開設に関する手続きも含めて一切の作業を代行するため、依頼者が準備に奔走する必要がなくなります。